« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

不思議なお寺~法幢院~

Shoudouin2 大山神社のある村の中に
 法幢院というお寺があります
  村の北側の山の中腹あたり、
   村を見渡すことのできる
 そんな場所にあるお寺です

 本堂から村へ向かう細い尾根にお墓があります。
  最近の真新しい墓石が並んでいますが、
   中には古そうな石造物も・・・、

 

Shoudouinsoutou

このお寺、天沢寺というお寺の末寺だそうで、
 確か、天沢寺は武田氏の重臣の
  飯富虎昌・山県昌景と関係が深かったような・・

それにしても、上今井の村の風景はなんともいえない
とっても懐かしい、ホッとする、落ちついた雰囲気・・・、
そんな風景の残る私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月27日 (火)

巨大な鉄剣~大山神社2~。

Sooyamagamiishidan あまりにも驚きをかくせない神社だったので
 もう少し大山神社を紹介します。

 階段は150段以上あるのでしょうか?
  結構のぼるのに大変な思いをします。
   それでも、奥宮を拝見することを考えれば、
    どうということもないです

 階段を登りきると
  大きな立派な神楽殿・・
   その屋根には気になる瓦が・・

Sooyamagamionigawara そう、「天狗のうちわ」が描かれているのです
きっと、奥宮の拝殿にある高下駄は
天狗の履いていたものなのだ・・・

Sooyamagamigeta1 ところで、この神社の由来はとっても面白い。

もともと南アルプス市白根の大笹池に祀られていたのを
 竜王新町の赤坂、
   そして穂坂上今井で祀るようになった
という由緒があるのだそうで、

大笹池は池に入って荒らすと雨が降る
 という伝承があったような記憶があります。
  水不足の穂坂地域・・・、
   なんだか気になる関係です・・

 いろいろ考えると、どんどん広がりがでてくる
  モノゴト狭く考えてちゃダメなんだな・・
 そんなことを感じさせてくれる私の住むまちは素敵だと思う。

 

2007年2月26日 (月)

巨大な鉄剣~大山神社~。

私の住むまちは意外と広い、
 あまり赴く機会のない地区もたくさんあって、
  その一つが上今井・・・、

 ちょっと仕事でおでかけ、
   ついでに、大きい神社があるということなので、
    地元の方に案内していただいた。
Sooyamagamitorii
 趣のある鳥居を抜けて、

 奥宮に向かう、
  すると大きな下駄が目に飛び込んできたのです
    とんでもなく大きい・・・、
     唖然としてしまうくらい・・・
Sooyamagamigeta

 それに驚きつつもお参りをと
  二礼、
   二拍手、・・・んっ・・・

 巨大な鉄剣が祀られていたのです
  下駄と同様にとんでもなく大きい・・・、

Sooyamagamitetuken3


 いったいこの神社はどんな神社なのだろうか?
  地元の方の話では、神社の尾根筋を歩いていくと
   金桜神社につくということ、

 修験の道、信仰の道にある神社ということなのだろうか?

 巨大な下駄を履き、巨大な鉄剣を持つ神様のいる
  私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月25日 (日)

不思議な名前の山~苗敷山~

私の住むまちに苗敷山(なえしきさん)と呼ばれる山があります。
Snaeshikisansanyou  横広がりで、でっぷりとした山の形で
  まるで、牛が横になっているような感じで
   言っちゃ悪いけど、何も特徴もないような山・・・、
 でも、地元じゃ「ないしきさん」と呼ばれてしたわれ、
  祭典も執り行われている・・・

 そんな山に向かって車を走らせていると
  石碑が目に飛び込んできた、
   
Snaeshikisansekihi   降りてみてみると、
 「府中街道苗敷道之碑」とあって、
 詳細なことが彫られていた。

 そう、苗敷山は信仰の山だったのです。
 どんな信仰の山だったのか・・・?

信仰の山が近くにあって、今なお、信仰の山であり続けている
 そんな山がある私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月22日 (木)

月夜に浮かぶ社~武田八幡宮~

武田八幡宮、甲斐武田氏にとってとても大切な神社・・・
 鎮守の森に囲まれて、
  ひっそりと
   しかし、厳格な趣の中に鎮座している。

普段、夜は近寄りがたい漆黒の闇に包まれている
  今日は、光につつまれている、
    その光は照らしすぎず、鎮守の森と社の関係を際立たせていた

 こんな厳かな雰囲気を持つ社のある
  私の住むまちは素敵だと思う。
Sp2220236

Sp2220240

 

2007年2月21日 (水)

春の訪れ~紅梅と鳳凰三山~

本当に春の陽気、
 目がかゆいのが許せないが・・・、
S_4








あまりに暖かすぎて、山の雪も少ない・・・、
  ちょっとさびしい気もする

 いつもじゃ真っ白なはずの鳳凰三山も
   春先の山のようです。
 紅梅に白い雪、青空、とっても綺麗です。

 そんな風景をみることのできる私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月20日 (火)

川から守る、川を守る~聖牛~

聖牛、聖なる牛ではない・・・、
 「ひじりうし」、「せいぎゅう」などと呼ぶらしい、

 それは川の中に静かにたたずんでいる。
Subaishiseigyu1 Subaishiseigyu2

 いったいこれにどんな役割りがあるのだろうか?
  見た目には何だかよくわからない・・、

 調べてみると、
  大水の際に土砂を含む濁流の水を聖牛がはじき、土砂を上流側に堆積させて川岸を守る
 そんなことらしい・・、今で言えばテトラポッドのようなものなのだろうか。

 それにしても、この川にコンクリのテトラポッドじゃなくて、聖牛でよかった、
  清流にとってもマッチしている。

  できれば、石を詰めてある籠も竹かなんかでできていればもっといいのに・・。

 昔ながらの工法で川岸を守りつつ、清流の風景に溶け込んでいる聖牛のある
  私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月16日 (金)

春の訪れ~ホトケノザ~

春の七草、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・ズスシロ・・・
 のホトケノザではない、

 ホトケノザが道端で咲いていた。

 紫色の小さな花を陽の光をいっぱい受けて、

 小さな雑草だけど、
  それでも精一杯花を咲かせている。
    「春はもうすぐだよ!」とでもいいだけに・・・、

 ホトケノザ、どこにでも咲いている
  どうってことのない雑草なのかもしれない、
   それでも、春の訪れを知らせてくれる花には変わりない、
  そんな花が道端に咲いていることに気づかせてくれる、
   当たり前の風景に楽しみを見つけ出させてくれる、
    そんな、私の住むまちは素敵だと思う。
Sp2080182 Sp2080183



 よく見ると、花の下の葉っぱが仏像の乗る台座に似ているような気がする・・・
  だから、ホトケノザなんだな~。

2007年2月15日 (木)

七里岩

七里岩、私の住むまちを特徴付けている台地です。
 大昔、八ヶ岳の噴火で形作られたものです
  でも溶岩じゃなくて、山自体が崩れたものだそうで・・

 長野県の下蔦木から七里も続いています・・・
  しかも断崖絶壁!!!!
S_3

カシミール3Dで作成

江戸時代の人々にもその奇景に目を奪われたみたい・・・
   
烏帽子岩、礬石洞、祖母石、
     屏風岩、明神洞、大士洞、
       伊勢山、早乙女石、船山など
   岩肌や穴に名前をつけているのです・・・
*『甲斐国志』という江戸時代に書かれた地誌に載っています。
*2007年2月4日の「七里岩の奇岩①」には祖母石が載っています。

 西側からみると、
  手前に清流「釜無川」、
   白い岩肌に緑の木々、
    そして青い空

  自然が作り出す巨大庭園の原石のようです。
 これから、庭師はどんな庭園に仕上げていくのでしょうか?

 そんな面白い奇景のある私の住むまちは素敵だと思う。
S1_1

2007年2月14日 (水)

山の中の不思議な池②

私の住むまちには円井池の他にも
 山の中に池がある・・・
  鷹ノ田、「たかんた」と呼ばれる地域・・
 何で山中に●●田なんていう、田んぼの名前がついたのでしょうか?

 S1 行ってみると、
  池というか
   湖というか
    湿原というか
 とにかく、こんな山の中になぜ・・・と思ってしまう。

 そんなこともあってだろうか?ここには言い伝えがあります。
  二羽の鶴が住んでいたが、
   村の子供が鶴の子供を殺してしまい、
    それを嘆いて、3・4日無くなった子鶴の周りを飛んでいたが、
     そのうちいなくなって、二度とこなくなった・・・


ちょっと寂しい言い伝え・・・、何を意味しているのだろうか?
 動物へ悪さをしちゃいけないこと、
  動物の持つ愛情のすばらしさ、
   いったい、この言い伝えは何を伝えたいのだろうか?

 山の中に水をたたえていて、米の作ることのできそうな、
  そんな場所だから、鷹ノ田の名前が付いたのだろう。
 もしかしらら、水に関わる祀りごとをしていたのかも・・・
   想像はふくらむばかり。

 なんだが、不思議な場所のある私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月13日 (火)

御供石~当麻戸神社~

御供石、「ごくういし」と呼ぶそうで、
 石というよりも大きな岩が池の中にある、
   そんな感じの岩・・・、
Stoumatojinjya2
 当麻戸神社という七里岩の崖下にある神社にその岩はある、
  大きな岩だけに何かいわれがあるのだろうと調べてみると、
   昔は元旦に、岩の上に供え物を置いておくと、
   白い斑模様のある羽の烏がそれをくわえて、
   神社の神田に運んでいって、
   その運んだ神田の場所によって、
   その年の豊作か凶作かを占った
  ということだそうで、それを「烏飼いの神事」と呼んだらしい。

  烏飼いの神事・・・長野の戸隠や広島の宮島でも
   同じような神事があるらしい・・・
   今度調べてみるかな~。

 今も神事は行なわれているのだろうか?
  近代化された今では、そんな神事は無意味なのだろうか?
   でも、岩には注連縄が張られていて、
    神事の執り行いは別としても
     大切な岩だと住んでいる人たちには心のよりどころとなっているのだろう。

 そんな、昔からの伝説を大切にしている
  私の住むまちは素敵だと思う。
Stoumatojinjya1 周りの水田は古い風景じゃなくなっているけど、
 神社へ続く参道は昔のままのようです。
  途中には石畳もあってとても趣があります。  

2007年2月12日 (月)

春の訪れ~梅咲いたよ~

洗濯物を干していると、
 視界にほんわかと赤い色がチラチラしているのに気が付いて、
  目をやると、

 紅梅が咲いていました。
  Skoubai2
Skoubai1




もしかして、職場の近くの梅畑の白梅も咲いたかな?
  そんなことを思い、見に行くと・・・
   やっぱり咲いていました。
Shakubai1

春になって花が咲き始めるのは
 なんだか、わけもなく、うれしいもの
  そんなうれしさを感じることのできる風景のある
   私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月11日 (日)

おふだ~昌福寺~

Sshouunjikannondou1

水田の中にポツンとお堂が建っていて、
 周りには石造物が立ちならんでいます。

 説明を読んでみると、中には
  山梨県の指定文化財が納められているそうで、
   中を覗いたが・・・
     残念、カギのかけられた扉の奥にしまわれているようで・・、

 立ち去ろうとしたら、おふだが2枚、目についた。
  「立春大吉」 「鎮彷火燭?」

  2月4日の立春に貼られたのだろうか?
   「鎮彷・・」は火事が起きないようにということだから、
    秋葉講に行ってお札をもらってきたのだろうか?

 どんなに近代化されても、
  暦でも季節を感じ、心のよりどころとしてお札を貼ったり、
   人の気持ちは昔も今もこれからも、
    そんなに変らないのかもしれないな~

 昔ながらの慣習を今も伝えている私の住むまちは素敵だと思う。
Sshouunjikannondouofuda1 Sshouunjikannondouofuda2

2007年2月10日 (土)

わたしの住むまちの名は・・・①

さて、私の住むまちの紹介をしてきましたが、
 「どこのまちなの?」

 「 ・・・ 」

黙っていましたが、もうお分かりですよね。
  そう、韮崎(にらさき)です。
   山梨県の八ヶ岳と甲府盆地の間にあるまちです。

 ところで、「韮崎」っていう名前、どんないわれがあるのでしょうか?
  いろんな説があるようですが、いくつか紹介してみましょう!

 まず第一弾は、江戸時代に書かれた書物『甲斐国志』の説で、
  「八ヶ岳から伸びる細長い七里岩がまるで韮の葉のようで、
    その韮の先端部分に位置するから韮前
(にらさき)と呼ばれるようになった」
というものです。
  確かに、地図をみたり、航空写真をみたりするとうなずけます。

 でも当時、航空写真は無かったはず・・・
   地図は描いたのだろうけど・・・
    かなり、上手く描く人がいたのだろうか?

 「にらさき」という名前を付けた人もすごいけど、
   七里岩の形を地図にした人もすごいものだと思う。

 特徴的な七里岩、そしてその形から付いた「にらさき」という名前、
  なんとも風流な私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月 9日 (金)

風林火山‐新府城①‐

Sp1010179







世間では風林火山で盛り上がっているようです?
 私の住む町には武田家の最後の城「新府城」があります。

「風林火山」ではほとんど関係ないみたいだけど・・・、
 井上靖の小説では山本勘助が
  勝頼が大きくなったら七里岩の上に城を築くのがいい
 と進言しています。

 なぜこの場所がいいのでしょうか?
 本丸からの眺めをみてうなずけました。

 八ヶ岳の左は勝頼の故郷である諏訪へのルート
       右は佐久ルート
  そんなヒトとモノの動きが手に取るようにわかる場所なのです。

 考えてみれば、江戸時代には富士川舟運で栄えた場所だし、
  平安時代にも中心的な場所だったらしいし、

 なんだか、勝頼は信玄と比べると無能だなんて小説とかで
  会ったことでもあるかのように書いてあるけど、
   本当はとっても頭が良かったんじゃないかな。

 武田勝頼のいろいろな想いの詰まっている城のある
   私の住むまちは素敵だと思う。

2007年2月 8日 (木)

春の訪れ~梅花つぼみ~

今日も本当に暖かい一日、
 このまま春になってしまいそうな、
  そんな勢い・・・

 自然も本当なら、まだ冬のはずなのに・・・
  あわてて春の準備をしているようです。

 梅の花、まだまだ咲いてはいないけど、
  つぼみが少しほころんで、
   白い花びらが見えきている・・

 こんな風景はどこにでもあるのかもしれない、
  でも、
 そんな風景のあることを気づかせてくれること、
  それが私の住むまちの素敵なことの一つだと思う。
Sume

2007年2月 7日 (水)

春の訪れ

どこにでもある風景なのかもしれない、
 それでも、自分の住んでいるまちにそんな風景が
  あるのはちょっと嬉しいこと!

 散歩をしていると、コバルト色の花が・・・
  決して珍しい花ではない、
   その花の名は・・・

   オオイヌノフグリ

 名前の由来は決して春の訪れを感じさせないけど
  春の訪れを告げる花なのは間違いないこと・・・

 そんな花のそばに、テントウムシがサンバでも歌いたげにいる。

  立春過ぎとはいえ、例年ならまだまだ寒い日のはず、
 
 そんな中でも春の訪れを
  身近に感じることのできる
   私の住むまちは素敵だと思う。
Sooinunofuguri

2007年2月 6日 (火)

悲しい風景

私の住む町は素敵だと思う・・・
 でも、悲しい風景もある・・・

 そう、人はなぜわがままなのだろうか?
  ゴミを捨てる
 しかも人目のつかない方へ捨てる
  でも、そこはサイクリングロード沿い・・・
   川沿いをサイクリングしたらゴミが目に飛び込んでくる・・・
 ゴミを捨てた人は何も感じないのだろう。

  そんな寂しくなる風景が私の住む町にはある。
 悲しいことだけど、ゴミをどこにでも捨てる、
  そんな人もいて、世間は成り立っている。
Sp1310182
 

2007年2月 5日 (月)

中央線のおもかげ③

中央線のおもかげの第3弾です。

 穴山駅のスイッチバックを過ぎて諏訪へ向かうと廃線路が残っています。
  今は地元の方々の車が時々通っているだけみたいですが・・・

 歩いてみると、そこに汽車が走っていたことが確かなことだと分かります・・
   角がゴツゴツした石がたくさん敷き詰められています。
     そう、今の線路にも敷かれているものと同じです。

 山を削った斜面には石が積まれていて、
  なんだが、趣があります。
   切り通しを抜けると八ヶ岳が見えてくる・・・
 汽車に揺られながら、のんびり窓の外を眺める旅、
  どんな気持ちで乗客は風景を見ていたのでしょうね・・・
Skokutetuanayamahaisen1 Skokutetuanayamahaisen5
 今は情報社会で、早いことはいいこと
  なんていうのが常識みたいだけど、
  それって本当?

 のんびりしたっていいじゃんけ!
   ボチボチいくじゃんね!
 
 そんなことを思わせてくれる場所のある
  私の住むまちは素敵でしょ!

2007年2月 4日 (日)

七里岩の奇岩1

八ヶ岳から飛び出すように伸びる七里岩、
 そこには色々な特徴的な岩や洞窟がある、
  名前の付いているものいないもの・・・
 そんな奇景を紹介!

祖母石・・・「そぼいし」とは呼ばない、
 「うばいし」と呼ぶ・・・、
  水田の中に浮かぶ巨大な岩、そこには祠が祭られている。
 その岩からワイヤーが伸びている、
  その先は七里岩の断崖絶壁へ・・・、

 そこには洞窟らしいくぼみがある、階段をのぼって近づいてみると
 中には、祠がある。でもどう行こうとしてもその穴の中には入れそうもない・・
 
 よくよく調べてみると、水に関わる九頭竜を祀ってあるということでした。
 それにしても、危険をおかして、祠を祀ったことに驚きを隠せません。
 信仰の力はすごいものです。

 不思議な風景、そしてそこにある人の心、
  そんな奇岩のある私の住む町は素敵だと思う。
Subaishikuzuryuu1_1   Subaishiubaishi_1 

2007年2月 3日 (土)

豆まき

穴観音さんで地元でしたわれている
 七里岩の先端にある雲岸寺。

 節分会が開催されました。
  「鬼は外!福は内!」の声とともに
   豆が蒔かれる(といっても豆は袋に入っている)
私もとることができました!ポッケに入れて持ち帰って食べようとすると、
 五円玉が入っていました!
  「ご縁がありますように」ということなのだろう。
  福もご縁ももらえてありがたい一日でした。
Ssetubun3 Ssetubun4
 



 穴観音は名前の通り、穴の中に観音様が祀られています。
  どんな穴かといえば、七里岩の断崖絶壁の穴なのです。
   きっと修験者が修行をつんだ場所だったのでしょう。
 穴観音さんに会いにきたら忘れずに、天井を見てほしいです。
  そこにはきれいな絵がたくさん描かれています。
Sanakannontenjyou
 節分で福やご縁を分けてくれる
  そんな私の住む町は素敵だと思う。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »