« 悲しい風景 | トップページ | 春の訪れ~梅花つぼみ~ »

2007年2月 7日 (水)

春の訪れ

どこにでもある風景なのかもしれない、
 それでも、自分の住んでいるまちにそんな風景が
  あるのはちょっと嬉しいこと!

 散歩をしていると、コバルト色の花が・・・
  決して珍しい花ではない、
   その花の名は・・・

   オオイヌノフグリ

 名前の由来は決して春の訪れを感じさせないけど
  春の訪れを告げる花なのは間違いないこと・・・

 そんな花のそばに、テントウムシがサンバでも歌いたげにいる。

  立春過ぎとはいえ、例年ならまだまだ寒い日のはず、
 
 そんな中でも春の訪れを
  身近に感じることのできる
   私の住むまちは素敵だと思う。
Sooinunofuguri

« 悲しい風景 | トップページ | 春の訪れ~梅花つぼみ~ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の訪れ:

« 悲しい風景 | トップページ | 春の訪れ~梅花つぼみ~ »