« 火の見櫓~離れたまちの~ | トップページ | そば »

2007年10月20日 (土)

武田八幡宮秋の祭典④

もう一週間が経とうとしていますが、またまた武田八幡宮の祭典のシーンです。

弓と刀を用いたものです。
Sdsc_0290s
まずは巻藁に向かって、作法にのっとり、掛け声とともに、「ブッスン」という音とともに矢が狙い通り突き刺さる。
S
次は抜刀術?こちらも作法にのっとった動きの中で、掛け声とともに「バサッ」という音とともに切られて落ちる。

いずれも見事な奉納だと感じました。

矢を射る瞬間、そして刀で切る瞬間、空気が張り詰められる。その静寂の中で広がる瞬間の音。そんな音を聞くことのできる祭典のある私の住むまち「にらさき」は素敵だと思う。

« 火の見櫓~離れたまちの~ | トップページ | そば »

ここ知っているけ?」カテゴリの記事

村の鎮守」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田八幡宮秋の祭典④:

« 火の見櫓~離れたまちの~ | トップページ | そば »