« 強風の中・・・ | トップページ | 炭のおもかげ »

2009年2月 2日 (月)

宝はどこに?

風が強いながらも澄んだ青空を見上げると、
「宝」
の文字が目に飛び込んできました。
Shoushakujih210201_2_2
瓦に「宝」の文字が刻まれているのです。よく見かけるのは武田菱(ひし形を4っつ組み合わせて菱形にしたもの)なのですが・・・。
ナゼ「宝」なのでしょうか?

答えは簡単でした。この瓦の持ち主は宝積寺さんなのです。その名前から刻まれたのでしょう。
Shoushakujih210201_1_2
宝積寺さんのご本尊は地蔵菩薩で、現在は臨済宗ですがもともとは真言宗だったそうです。武田家が滅んだ直後に徳川家康が山梨に来た時に参詣したそうです。徳川家康が参詣しにきたのですから、かなりのお寺だったのでしょうね。もちろん、武田家時代にもかなりの力を持っていたことを想像できます。武田家とはどんな関係があったのでしょうか?気になります!
Shoushakujih210201_3
さて、境内には室町時代の頃に作られた六地蔵幢があります。どっしりとしていて、見ているとありがたくなってきます。

この宝積寺さん、はじめて訪れたわけではないですが、やっぱり新しい発見があります。同じ場所でも、訪れるたびに何か新しい出会いのある私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←本年も参加してみようと思います。
今回は宝積寺さんのある穂坂の三之蔵地区のブラブラ歩きです。意外な出会いがあって楽しかったですよ。続きをお楽しみに?

« 強風の中・・・ | トップページ | 炭のおもかげ »

村のお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝はどこに?:

« 強風の中・・・ | トップページ | 炭のおもかげ »