« 秋の風景への変化・・・ | トップページ | 紅葉のわに塚のサクラ »

2009年9月23日 (水)

石造りの梵鐘

本当に久しぶりの更新となってしまいました・・・。

実は本日、穴山町を歩き回っていました。そこで出会ったのが、石造りの梵鐘(ぼんしょう)です。穴山の重久地域の墓地の一角にひっそりとたたずんでおりました。
Sanayama_bonnshouh21
この鐘については、こんな言い伝えがあるそうです。

 重久の福泉寺の万機和尚さんが、村人のためにと飯盛山に鐘楼を作ろうと計画して、托鉢をしてお金をためました。しかし、この時は丁度、天明の大飢饉ということなので、村の人から延期をしたらどうかと・・・。和尚さんは願いをかなえることができないことを残念に思って、釜無川に身を投げてしまいました。その後、明治時代に延期をうながした村人の子孫の方が、万機和尚さんを供養するために建てたということです。

和尚さんの気持ち、村人の気持ち、村人の子孫の気持ち、いずれも優しい気持ちでいっぱいです。そんな祖先のいる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。ブログランキング・にほんブログ村へ←参加しています。。。。

しばらく、こんな感じでとても不定期な更新となってしまうかもしれないです・・・。

« 秋の風景への変化・・・ | トップページ | 紅葉のわに塚のサクラ »

ここ知っているけ?」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石造りの梵鐘:

« 秋の風景への変化・・・ | トップページ | 紅葉のわに塚のサクラ »