« 岩根の火の見櫓 | トップページ | 日限地蔵さん »

2010年3月26日 (金)

ヒメオドリコソウ

本当に大地には春が訪れています。
名前がかわいらしい、ヒメオドリコソウ。漢字で書くと「姫踊り子草」です。
Shimeodorikoh2203
葉を踊り子の着物にでも見立てたのでしょうか?紫色の花がアクセントになっていて意外とかわいらしい花です。

ヨーロッパ原産で、日本には明治時代に入ってきた外来植物なのだそうです。
花言葉は「愛敬」や「春の幸せ」だそうです。

春が訪れて幸せそうに大地で踊っている姿に出会える私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。

« 岩根の火の見櫓 | トップページ | 日限地蔵さん »

身近な植物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒメオドリコソウ:

« 岩根の火の見櫓 | トップページ | 日限地蔵さん »